□■サーターアンダギーをうまく揚げるポイント□■

●温度について

140℃~150℃で揚げて頂くのが最適になっております。(通常、唐揚げ が170℃~180℃なので揚げ物としては、低い温度)それより高いと中まで火が通る前に表面が焦げ付いてしまいますし、そ れより低いと油を多く吸ってしまいべたべたしたアンダギーになります。

 また、奇麗な割れを作る為にもこの温度が最適になっております。

 温度計はホームセンター等で揚げ物用の200℃温度計がありますので、 そちらをご用意くださいますと、奇麗で美味しいサーターアンダギーを作って頂けます。

 ○温度計が無い場合でも温度を確認する方法

 米粒程度の大きさのサーターアンダギー生地を揚げ油に入れて、約5秒位で上に浮いてきます。

 すぐに浮くと温度が高い、時間がかかるようですと温度が低いので調整して下さい。

 30gの生地を入れると約1分前後で浮いてきますので、そちらも目安になります。

●生地が手につく

 生地を取る際に、指やてのひらにサラダ油を塗って頂くと、手につきにくく奇麗に丸められます。

 それでも生地がつく方は、エンボス加工された手袋(100円均一にて購入可)を使用し手袋に油を塗り丸めると手に生地がつかずロスも少なくなります。


●生地を寝かせる

 室温で30分から1時間程度寝かすことで、卵や油がなじみ、全体的に安定した生地になります。

  また、冷蔵庫で一晩寝かすことで、さらに安定度はまします。

しかし、卵が入っているので、1日以上の長期間の寝かせはお控え下さい。

○その他

 ●サーターアンダギーミックスは他のお菓子にも使えますか?

  サイトの右側にアレンジレシピ集を作成しました。
 
  おすすめは、クッキーです。是非お試しください。

            上に戻る
上に戻る